便が出そうで出ない時におすすめ!簡単に出す方法6選!

便秘

便がうまく排出されていないとき、お腹の不快感や痛みなどでストレスを抱えている人もいますよね。

 

お腹の調子でその日の気分も左右されてしまう可能性もあるので、放っておくこともできません。

今回は便が出そうで出ないときにおすすめの簡単に便を排出する方法を紹介していきます。

 

今まで、排便で悩まされてきた方に必見の情報ですので、ぜひ最後まで見ていってくださいね。

 

 

便が出そうで出ない時に今すぐ出す方法6選!薬なども!

便が出そうで出ないときって気持ち悪いですよね。

ここでは、便をすぐに出す方法6つ紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

水分を摂取する!

便がうまく出ないときに考えられるのが、便が固いことが原因であることがあります。

水分がしっかりと含まれない便だと腸内でも動きが悪くなり、便意がするものの、上手く排出されないことが起きます。

 

朝起きて、コップ1杯の水を飲むだけで、腸内の動きが活発になり、断然に便が出やすくなります。

便意が感じるがうまく排出されないときは、まずお水を沢山飲むようにしましょうね。

 

適度な運動!

便がうまく排出されない原因の一つが、腸がうまく働いていないことが挙げられます。

便が適度に柔らかく、腸内を動きやすい状態でも、腸が正常に動いていないと排出までされません。

 

この時、重要なのが適度な運動です。

運動によって外から腸内に刺激を与えることで、止まっていた働きが動き始めるのです。

 

激しい運動は必要なく、ジョギングやランニングを少しするだけでも、腸内が正常に働く手助けとなります。

 

便がうまく排出されない時だけ運動をするのではなく、毎日適度に運動できると便での悩みも少なくなるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

始めはランニングを1日5分~10分するだけでもよいので、適度な運動を無理なく始めてみましょう。

 

水溶性食物繊維!

食物繊維には、水に溶けやすいものと、溶けにくいものがあります。

どちらにもそれぞれ特徴があって、これらをバランスよく食べるのが良いですが、便がうまく排出されないときは、便を柔らかくすることが重要なので、水溶性食物繊維を積極的に摂取しましょう。

水溶性食物繊維が多い食材は、わかめなどの海藻類や果物類、オクラや山芋などがそうです。

これらの食材を普段の食事にバランスよく取り入れてみてくださいね。

 

逆に下痢が続いたり、軟便が気になったりする場合は、不溶性食物繊維を含む大豆やゴボウを食べると便の量が増えて、気持ちよく便を排出することができるので、覚えておいてくださいね。

 

バランスの良い食生活!

食材についてお伝えしてきましたが、健康的にいることが便の排出にも大きく影響してきます。

一次的なトラブルは、栄養素の補給で改善できますが、栄養素の偏りなくバランスよく食べることで、腸内環境も整うので、日々の生活の中で意識してみましょう。

 

コーヒーを飲む!

コーヒーのカフェインが作用して、腸が刺激され、腸の動きがいつも以上に働いてくれます。

また、コーヒーの種類や内容物により、オリゴ糖が含まれているものもあり、それらが腸内環境を整えてくれる事もあるため、効果は抜群です!

 

しかし、空腹時にコーヒーを沢山飲んでしまうと、刺激が強すぎて内臓の働きを弱めてしまったり、カフェインの利尿作用により尿に水分が持っていかれたりしてしまうことがあるので、適度に摂取するようにしてくださいね。

 

薬を飲む!

食事や運動でもうまく排出されないときは薬に頼るようにしましょう。

便秘薬には腸を刺激するものと、刺激が少ないものがあります。

すぐに効果を感じたい時は刺激性の便秘薬をおすすめします。

早いものは薬を飲んでから数十分で便の排出をすることができます。

しかし、体への負担も大きいため、何度も使用するのは控えるようにしてください。

癖になりやすく、薬の効き目も悪くなってきます。

 

一方で、非刺激性の酸化マグネシウムの効果を利用する便秘薬は、体への負担が少ない分、効果にも少し時間が必要です。

しかし、中毒性も少なく長期にわたって使用できるのがメリットです。

 

あなたの置かれている状況に合わせながら薬を服用するのが良いでしょう。

非刺激性も夜飲んで置くことで、朝自然と便意を催すような使い方もできるので、製品情報を確認しながら、使用してみてくださいね。

 

 

まとめ

今回は、便意があるにも関わらず、うまく排出できないときの解決策について紹介いたしました。

 

お腹の中に不快感や痛みを抱えていると他の事にも集中できず、ストレスに感じやすいでしょう。

特に、人にあまり相談しづらいことでもあるので、1人で悩みがちです。

 

今回紹介した方法は、食事や運動で腸や便に改善をもたらす方法でしたが、日々の生活の中に取り入れやすいものばかりですので、実践してみてくださいね。

まずは、沢山水分を摂取して、バランスの良い食事を取ることが重要です。

 

それでも改善できないときは、便秘薬を使うことをおすすめします。

刺激性便秘薬は癖になりやすく、体への負担も大きいので、使用には十分に注してくださいね。

 

いつお腹の調子悪くなるか分からないので、今回紹介した情報はぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました