お風呂上がりに気持ち悪い、息苦しい時の対処法!動悸や頭痛の原因や対処法なども!

テクニック

気持ちよくお風呂に入っていたのに、お風呂から上がった瞬間、気持ちが悪かったり、息苦しくなったりした経験はありませんか?

 

一次的なものではありながらも、1人暮らしをしている方などにとっては気を付けたいところですよね。

ひどい場合は、急に倒れたりすることもあるのです!

 

お風呂上りに体調が崩れる原因は、ずばり体温の上昇と体内の水分にあります。

 

今回は、お風呂上りに気持ち悪さや息苦しさを感じたときの原因と対処方法について紹介していきます。

お風呂に浸かることは体にとって良いことですが、危険なこともあるので注意しながら入ることを忘れないようにしましょうね。

 

ぜひ最後まで見ていってくださいね。

 

 

お風呂上りに動悸や吐き気がする時の原因と対処法など!

お風呂上りに心臓がどくどくしたり、突然気持ち悪くなったりしたことはありませんか?

頻繁にそういうことが起きる方は、お風呂の入り方を改善したほうがよいでしょう。

ここでは、お風呂上りに動悸や吐き気がする原因とその対処法について詳しく見ていきましょう。

 

お風呂上りに動悸や吐き気がする原因

お風呂が上がりに動悸や吐き気が生じる原因は2つあります。

 

-血圧が変動

お風呂に入ると、リラックス効果と睡眠への準備が始まります。

この時に交感神経も刺激され、一時的に血圧が上昇します。

しかし、徐々に体が温まってくることで、血管が広がり始めて、血圧は急激に下がってくるのです。

さらに、お風呂上りに急に寒い環境にでることで体がびっくりするだけでなく、水圧がかかっていたところから圧がなくなるので、血圧が下がるのです。

これにより、体全体にうまく血液が回らなくなり、動悸や気持ち悪さに繋がります。

ひどい時は、めまいなどがすることがあるでしょう。

 

-水分不足

お風呂に入るときに、あまり水分不足の事を考えることは少ないと思います。

しかし、熱いお風呂に入る方や長時間湯船に浸かる方は特に気を付けたい点です。

 

気づかないうちに体から水分が蒸発している可能性があります。

脱水症状になると吐き気やめまいが生じます。

症状の度合いにもよりますが、ひどい時は倒れてしまうこともあります。

 

 

お風呂上りに動悸や吐き気がするときのおすすめの対処法!

お風呂上りに動悸や吐き気がするときの対処法を2つ紹介します。

 

-動悸や吐き気の予防策①温度管理

まずは、お風呂と脱衣所、リビングの温度差を可能な限り無くすようにしましょう。

これにより血圧の変動を抑えることができます。

 

お風呂の温度が少し高い場合は39度に設定することをおすすめします。

脱衣所を温めるのは難しいかもしれませんが、お風呂に入る前後ではリビングの温度を調節するようにしましょうね。

 

-動悸や吐き気の予防策②水分補給

お風呂に入るときには、必ず水分補給してから入ることが重要です!

コップ1杯に水でも効果があります!

特に、入浴前後で水分補給することがとても良いので、意識してみてくださいね。

 

おすすめは、塩分が少し含まれているスポーツドリンクなどがいいです!

水分以外にもビタミンやミネラルもしっかりと補給できますよ!

また、体に負担をかけないために常温のドリンクがさらに良いでしょう。

 

 

お風呂上りに頭痛がする時の原因と対処法など!

お風呂上りに動悸や吐き気だけでなく、頭痛がしたことはありませんか?

偏頭痛持ちの方は、お風呂上りに頭痛がしやすいことがあります。

ここでは、お風呂上りに頭痛がするときの原因と対処法を紹介していきます。

 

お風呂上りに頭痛がする時の原因

お風呂上りに頭痛がするが原因は、血管が広がり、交感神経が刺激されることになります。

これにより、偏頭痛持ちの方は三叉神経が活発に動くことで痛みの原因になるのです。

 

特に、偏頭痛がよく起きている時期はお風呂に入る際も気を付けるようにしましょうね。

また、血圧の変動だけでなく、脱水症状でも頭痛が伴う可能性があるので注意してください。

 

お風呂上りに頭痛がする時の対処法

お風呂入ることで生じる偏頭痛への対処法は、しっかりと水分を補給することや、ぬるま湯のお風呂に入ることなのです。

急激な温度変化で交感神経を刺激してしまうので、入浴前にシャワーで体全体にお湯をかけてから、湯船に浸かるのが良いでしょう。

 

少しでも頭痛がするときは無理にお風呂に入らずに、体を洗い終わったら出るようにしましょう。

具合が悪くなった時は安静にするのが良いので、水分をしっかりと補給した後は横になってしましょうね。

 

 

まとめ

今回は、お風呂上りの動悸や吐き気、頭痛の原因と対処法について紹介いたしました。

 

これらの原因は、ずばり血圧の変動と脱水症状にあります!

 

お風呂の温度と脱衣所やリビングの温度に差がありすぎると血圧が変動して、体全体にうまく血液が回らなくなり、動悸や吐き気、頭痛が生じます。

また、気づきにくいですが、水分も蒸発しているので、脱水症状も起こりやすいシチュエーションです。

 

熱いお湯や長湯を避けることと入浴前後で水分補給をするようにしてください。

たったこれだけで、これまでの悩みを解決できるようになるでしょう。

 

今回紹介した方法を守れば、お風呂はリラックス法の一つですので、毎日しっかり入浴するようにしましょうね。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました