過敏性腸症候群で学校に行けない学生必須!ヨーグルトや薬で改善する方法など!

体調不良

 

学校に通っている時は家の様に、自由にトイレに行くことも出来ない上に時間も限られているので、過敏性腸症候群であると学校に行くのが億劫になりますよね。

また、急に腹痛に襲われることやトイレに自由に行けないと思うだけでプレッシャーになり、周りの目も気になるし・・・心身共にストレスを感じてしまうと思います。

そんなあなたが少しでも症状が和らぎ、学校にもストレスフリーで行けるようになる為におすすめのヨーグルトや市販薬をここで紹介していきたいと思います。

 

 

過敏性腸症候群をヨーグルトで改善!おすすめ3選!タイプ別も!

 

過敏性腸症候群に関わらず、腸内を健康に保つことがQOL(生活の質)を向上させることが出来ます。

その中で食事バランスを考え食事することはもちろんですが、腸内環境を整える食品としてヨーグルトは優等生な食品とされています。

そして、腸内環境が整うと精神面でも安定すると言われているので、過敏性腸症候群にもヨーグルトが有効的とされています。

下痢のあなたには、

「森永 ヒビダスプレーンヨーグルト」腸内環境を整えると共に免疫力アップ効果が期待とされているので、身体の中から健康をバックアップしてくれる商品です。

便秘のあなたには、

「ダノンビオ」配合されているビフィズス菌BE80が胃酸耐性のあるもので生きたまま腸まで届き、便秘解消の手助けをしてくれます。

便秘と下痢の両方のあなたには、

「グリコ ビフィックス」こちらも胃酸に耐性のあるビフィズス菌と食物繊維が配合されているので、便秘や下痢で悩んでいる人におすすめです。

 

しかし、ヨーグルトの含まれている乳酸菌やビフィズス菌は生きて腸までたどり着くのは至難の業なので、購入の際はしっかり菌の種類を確認してください。

また食事の最後にヨーグルトを食べる事で体内の消化液に干渉されることなく腸にたどり着くことが出来るようになりますので、食べるタイミングも気を付けていきましょう。

 

 

過敏性腸症候群を改善する市販薬4選!ザ・ガードなど!タイプ別も!

 

過敏性腸症候群にもタイプがありお腹がゆるくなる「下痢型」、便がでない「便秘型」、どちらの症状もある「混合型」があります。

また症状もその人によりバラバラで「下痢型」は男性、「混合型」は女性が割合的に多いとされています。

その症状別で、対処や市販薬なども変わってきますので、それを踏まえた上で紹介していきたいと思います。

 

下痢型の薬

下痢型のあなたは万が一漏れるような状態になった最悪の場面を避けたいと思いますので、日常用と緊急時の市販薬を紹介します。

「強ミヤリサン」この薬の特徴としては酪酸菌が配合され、便の状態が劇的に改善するのです。

下痢が急に襲ってきた時に効く薬と言うよりは、日頃からの便習慣の質を上げることで、QOL(生活の質)の底上げに貢献する薬です。

「ストッパ」CMでもお馴染みの下痢止めで、水が無くても飲めるところが最大の魅力ではないでしょうか。

この薬をお守りのように常備していると言うだけで、トイレに行けない状態のプレッシャーによるストレスから解放されるのが心の負担も減ることに繋がります。

 

便秘型の薬

「ザ・ガード」は便秘型に効くと期待され、腸内環境を納豆菌で最適にすると言われています。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が配合されている為、腸内環境を整えたい人にはおすすめです。

腸の状態を健康に改善することで、精神的にも安定し過敏性腸症候群の症状も和らげてくれるでしょう。

 

上記で「下痢型」と「便秘型」の薬を紹介しました。

その上で、オールマイティにどのタイプにも効く「セレキノンS」は過敏性腸症候群の市販薬として販売されているので、常備しておくと大変役立ちます。

「セレキノンS」は腸の筋肉と自律神経に直接働きかけてくれ、ストレスで乱れた腸の動きをコントロールしてくれる過敏性腸症候群の薬でとても強い味方でしょう。

 

あなたの症状や状況により市販薬を使い分ける事で、症状が軽減することや最悪の状況回避に繋がると思います。あなたに合ったものが見つかるといいですね。

 

 

まとめ

 

ここでは過敏性腸症候群におすすめのヨーグルトや市販薬を紹介しました。

しかし、人によっては原因がはっきりわかっておらずストレスによる要因も含まれていると言われています。

心のストレスはなかなか解決するのは難しいと思いますが、ヨーグルトや市販薬などに頼ることにより少しでも気持ちが楽になると症状も改善するでしょう。

また日頃の食生活を整え、睡眠をしっかりとること、排便習慣を身につける事で心も落ち着いてきますので、規則正しい生活を心掛けましょう。

それでも改善するのが難しい場合は迷わす病院を受診することをおすすめします。

専門の人に相談することで、早期解決への道が開けますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました